アウトドアグッズ大好きUttiです。昔からアウトドアグッズが好きで、日本での日常生活でも、登山でも旅でもレインウェアまたはマウンテンパーカーと言われる物をを愛用しています。

※便宜上ここからはマウンテンパーカーで統一します。

何故マウンテンパーカーを旅に持っていくか

マウンテンパーカーを選んでいる理由は1つで複数の役割を果たし、高機能な服だからと言えるでしょう。

具体的に行けば

  • 高い防水性で傘の代わりとして使う
  • 羽織って上着として使う
  • 折りたたんでコンパクトになる
  • 高い透湿性で着ていて快適
  • ウルトラライトダウンやヒートテックのような機能性ベースレイヤーなどと重ね着することにより、コートや大きなダウンジャケット並の防寒性を持つことが出来る

といったところ。

そんなわけで僕が使っているものも含めて、旅におすすめのマウンテンパーカーをピックアップしています。

GORE-TEXとは?

ゴアテックス (Gore-Tex) は、アメリカのWLゴア&アソシエイツ社が製造販売する防水透湿性素材です。

GORE-TEXというのは素材の名前なんですね。水をよく弾き、防水性が高く、雨具などに用いられますが、その辺に売っているカッパよりも遥かに高額です。

何故高額かというと、透湿性が高いからなんですね。つまり外からの水は弾くだけでなく、内側からのムレを解消してくれるのです。極端な話、水を弾くだけならビニール袋でも良いのです。

雨具として利用する際も、傘とは違い、両手を塞がず不自由しません。旅では手は常に自由な方が良いですよね。この辺りが旅に最適なアイテムの理由の1つです。

また寒冷地を訪ねたときは、ウルトラライトダウンのような小さくコンパクトになるダウン、それにヒートテックのようなベースレイヤーを合わせることにより、かなりの防寒性をもたせることが可能になります。

ちなみにGORE-TEXのような防水透湿性のジェケットはダウンジャケットなどと違いユニクロなど、低価格のもので良い物がありません。

ですので、もし旅の衣類にお金をかけることができるのならば、このGORE-TEXの商品をオススメします

GORE-TEXの種類

実は、GORE-TEXと言ってもいろいろと種類があります。

GORE-TEX Active Shell

こちらは透湿性を最大限に持たせたモデルです。防寒着として透湿性が良すぎるため、保温力が少し機能が落ちるようで、トレイルランニングなどに向いているものです。

GORE-TEX Pro Shell

こちらはその名の通りプロ仕様の雪山など厳しい環境下で使用するためのものです。3層構造でGORE-TEXの中では厚手になります。

GORE-TEX Performance Shell

こちらはあらゆる状況に対応できる、バランス型

GORE-TEX Paclite Shell

Paclite Shellは薄手で軽量、携帯性を重視したタイプです。よほど本格的な雪山登山などをしない場合、僕たち旅行者にはこのタイプが適していると思います。

GORE C-KNIT Grid Backer

最近新しく登場したのがGORE C-KNIT Grid Backerという素材です。

こちらは従来のGORETEXよりも着心地を重視したモデルです。柔らかくしなやかで、最大10%軽く、透湿性も最大15%向上した素材。

こちらのGORE C-KNIT Grid Backerも旅行に向きそうな素材と言えるでしょう。

その他

他にも生地がソフトで着心地の良いGORE-TEX Soft Shell防風性に特化したGORE WINDSTOPPERなどもあります。

旅行には軽量、コンパクトなPaclite Shellか軽量でありながら着心地に優れたC-KNIT Grid Backerがおすすめ

GORE-TEX Pacliteのお勧め3選

monbell / トレントフライヤージャケット

montbell トレントフライヤージャケット

montbell トレントフライヤージャケット

モンベルといえば日本を代表するアウトドアブランドです。

こちらは重量が205gと今回紹介しているものの中でも最も軽く、また定価も最も安く19,000円です。

日本のブランドだけあってユニクロのような標準的な日本人に合うようなサイズ感です。

あくまで山を想定して作られているので、カラーリングが派手なものが多いのが難点です。

Arc’teryx / Alpha SL Jacket

Arc'teryx / Alpha SL Jacket

Arc’teryx / Alpha SL Jacket

カナダのアウトドアブランド Arc’teryxの商品です。
Arc’teryxといえば最高品質の素材と縫製技術で作られるテクニカルなアウトドアギアブランドとえして有名です。

Arc’teryxの中でもこのAlphe SL JacketはSLという商品名(super lightの略)にもある通り最も軽い部類のJKTです。

この商品もそうなのですが、Arc’teryxのJKT類は肩周りが大きいので体格が良い人が似合う印象。

重さは305g。

HAGLOFS / LIM III JACKET(ホグロフス)

HAGLOFS / LIM III JACKET

HAGLOFS / LIM III JACKET

HAGLOFSは北欧スウェーデンのアウトドアブランドです。北欧らしいきれいなカラーリングとヨーロッパのブランドらしい細身のシルエットが特徴のブランドです。

僕もこの1つ前のHAGLOFS LIM II JACKETをサイズ感がぴったりなので長いこと愛用しています。着丈が長く、身幅や腕周りが細めなので身長が高めの人にオススメです。

モンベルがUNIQLOっぽい横が広く、着丈が短いデザインですが、HAGLOFSはH&Mのようなサイズ感だと個人的に思います。そういえばH&Mもスウェーデンの会社ですね。ですのでUNIQLOよりもH&Mがサイズが合うという方にオススメです。

重量は240g。

GORE C-KNIT Grid Backerのお勧め

THE NORTH FACE / CLIMB VERY LIGHT JKT(ノースフェイス / クライムベリーライトジャケット)

THE NORTH FACE / CLIMB VERY LIGHT JKT

THE NORTH FACE / CLIMB VERY LIGHT JKT

GORE C-KNIT Grid Backerを採用したJKTはまだまだ少ないのでオススメできるはこちらのみ。

NORTH FACEのクライムベリーライトジャケットは今回紹介した中でもやはり、最も着心地が良いです。

やはりpac lightのものは少しピタッと肌にくっつくような感覚があるのですが、こちらはサラリとした着心地でした。

重量も261gとpaclightのものと同レベルと言って良いでしょう。

マウンテンパーカーの色は黒がオススメ

もしこれから旅向けにマウンテンパーカーを選ぶなら黒をオススメします。

まずマウンテンパーカーは旅に持っていく場合、防寒着としてトップスの一番外側に着るモノになります。ですのであらゆる服に合わせることが可能な黒がオススメです。

アウトドアギアって派手な色もすごく格好良くて、また万が一の遭難時などを考え(明るい派手な色は目立ちますよね。)、山用には派手なカラーリングの服が多いとも言われています。

実は僕もオレンジのマウンテンパーカーをずっと使っていたのですが、やはり都市部で派手な色は物凄く浮きます。

また旅行で使っているとなかなかGORE-TEXのJKTを途中で洗う時間がとれません。そうするとどんどん汚れていってしまうのです。

そんなわけで何にでも合わせやすく、都市でも浮かない、そして汚れが目立たない黒が個人的にオススメです。

GORE-TEXは洗って長持ち

GORE-TEXの製品は洗って汚れを落とし、しっかりと乾燥させることによって撥水力を回復します。逆に洗わないと、汚れた部分から撥水力が低下します。

詳しくはGORE-TEXの公式サイトを御覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。2017年1月に最新の商品をみて新しくまとめ直しました。

やはり注目はGORE C-KNIT Grid Backerの商品でしょうか。まだまだ展開しているブランドが少ないので今後に期待したいですね。